キヤノン 大口径望遠ズームレンズ“RF100-300mm F2.8 L IS USM”を発売

キヤノン公式サイトで「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」において、大口径望遠ズームレンズの“RF100-300mm F2.8 L IS USM”に関するプレスリリースを出しました。

大口径望遠ズームレンズ“RF100-300mm F2.8 L IS USM”を発売優れた機動力と単焦点レンズに迫る高画質を両立しさまざまな撮影シーンに対応

目次

開放絞り値F2.8の明るさと幅広い焦点距離をカバーするフラグシップズームレンズ

下記はプレスリリースからの引用です。

概要

“RF100-300mm F2.8 L IS USM”は、最高水準の性能を追求した「L(Luxury)」レンズならではの高画質と、優れた機動力を両立した軽量・コンパクトな大口径望遠ズームレンズです。スポーツ・報道をはじめ、さまざまなジャンルにおいて、「RF70-200mm F2.8 L IS USM」(2019年11月発売)よりも望遠域の表現にこだわりたいユーザーや、「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」(2020年8月発売)よりも明るい開放絞り値を求めるユーザーなどの幅広いニーズに応えます。別売りのエクステンダーを装着することで、焦点距離600mm※1まで望遠域を拡大することができ、さまざまな撮影シーンに対応します。

特徴

  • 100mmから300mmの焦点距離をカバーしながらF2.8の明るさと軽量化を実現した大口径望遠ズームレンズ
  • 単焦点Lレンズに迫る高画質をズーム全域で実現
  • 2つの「ナノUSM(超音波モーター)」による静止画撮影時の高速・高精度AFと動画撮影時のなめらかなAF

提供価格・発売予定日

製品名:RF100-300mm F2.8 L IS USM
価格:オープン価格(*)
発売日:2023年5月下旬

(*)店頭予想販売価格は約150万円とのこと。

望遠と明るさを兼ね備えたプロ向けレンズ

今までRFレンズの望遠ズームレンズとしてはRF70-200mm F2.8 L IS USMやRF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMが存在していました。

今回発売されるレンズは300mmまでズーム可能かつF2.8の明るさを持ったレンズと言うことで、これらのレンズの間のレンズになります。

200mmでは望遠側が足りないが、それ以上ズームできるレンズだと明るさが足りないというユーザーにヒットしそうです。

プレスリリース内ではスポーツや報道と記載がありますが、高速シャッターが必要な野鳥撮影などでも活躍するレンズになりそうです。

価格帯的にはハイアマ~プロ層向けのレンズになりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次