シグマ SIGMA 150-600mm FEレンズの新ファームウェア開発を発表

シグマが公式HPでSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports用 新ファームウェアの開発に関するプレスリリースを出しました。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports用 新ファームウェアの開発について

目次

手ブレ補正性能を向上

下記はプレスリリースからの引用です。

株式会社シグマ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:山木和人)は、手ブレ補正性能を向上させたSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports 用ファームウェアの開発についてご案内申し上げます。

手ブレ補正アルゴリズムを新開発の「OS2」に更新することで、手ブレ補正効果が従来の約4段からワイド端約6.5段、テレ端約5.5段へ向上します。※1 更に、ソニー E マウント用ではAF-Cでの追従性の向上をはかっています。尚、ファームウェアは現在開発の最終段階にあり、近日中のリリースを予定しています。
※1 CIPA準拠による(35mmフルサイズカメラを使用し、焦点距離150mmと600mmにて測定)

対象製品・公開ファームウェアVer

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports Lマウント用 Ver.1.1
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports ソニーEマウント用 Ver.03

よりスポーツ撮影や野鳥撮影で使いやすいレンズへ

手振れ補正効果がW端約4段→約6.5段、T端約4段→約5.5段と大きく性能を向上させています。

今までこのレンズを使用して手振れが気になっていた方にとっては非常に大ニュースだと思います。

また、手振れ効果のためにシャッタースピードを高速にしていた方にとってもうれしいですよね。

最高2.5段低速側に設定しても今までと同様の手振れ効果が得られるということになるため、その分ISO感度を落としてノイズの少ない撮影が可能になるのですから。

さらに、ソニーEマウント用は次回のファームウェアアップデートでAF-C時の追従性能向上も入るとのことでこちらも期待です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次