DJIがトリプルカメラ(ソニー製センサ含む)搭載ドローンMavic 3 Proを発表

DJIがトリプルカメラ搭載ドローンMavic 3 Proを発表したとSonyAlphaRumorsが報じています。

DJI announced the Mavic 3 Pro with Triple-Camera (with Sony sensors)

目次

下記は記事の内容を翻訳したものになります。

ソニーのセンサーを3つ使ったらどうなるか?トリプルカメラ搭載のDJI Mavic 3 Proが手に入ります。
現在、Dji(ワールドワイドストア)、Amazon(ワールドワイド)、BHphotoで予約可能です。

3眼搭載で撮影の幅が広がる

35mm判換算で24mm,70mm,166mm相当のカメラを搭載しているとのこと。

Mavic3では24mm+162mm相当、Mavic3 Classicでは24mm相当のみだったため、中望遠が追加されたことになり、さらに撮影の幅が広がった。

新たに追加された70mm相当カメラのスペック

さらに70mm相当のカメラは光学3倍ズームで画質劣化なくズームが可能。

センサーのサイズは1/1.3型、4800万画素および1200万画素の静止画、4K60p動画に対応。

新たに10-bit D-Logカラーモードに対応

10bit D-Logカラーモードに対応。Mavic3に搭載されているD-Log Mモードよりカラーグレーディングしやすくなるとのこと。

今後はさらにカメラ高性能化が進むか

以前はDJIというとドローンのイメージは強いですが、個人的にはカメラのイメージはあまりありませんでした。

しかし、ここ最近はシネマ撮影も考慮されたカメラや機能が搭載されたドローンの発売が相次ぎ、飛行性能はもちろんですが、撮影性能に注力していると感じます。ProResにも対応してますしね。

ソニーもドローン(Airpeak)を開発していますが、現状はドローンといえばDJIの方が認知されていると思います。

ソニーがよりドローン開発に注力し、DJIを脅かす製品を発売することでドローン業界をさらに盛り上げてほしいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次