α6700のスペックに関する噂

8月発売の噂が出ているソニーの新型APS-C機種であるα6700のスペックに関する噂をSonyAlphaRumorsが報じています。

First Sony A6700 rumored specs

目次

記事内容(引用および翻訳)

下記は記事の内容を引用および翻訳したものです。

5月末までに、ソニーは新しいZV1後継機を発表する。しかし、新しいハイエンドAPS-Cカメラの発表を見るために長い時間を待つ必要はありません。
信頼できるソースによると、新しいハイエンドカメラは8月に出荷が開始されるとのことだ。発表は明らかにその前に行われるでしょう。

2人の新しいソースは、このカメラについて以下の情報を共有しました:

名称:a6700
イメージセンサー: 26mp(FX30と同じセンサー)。
IBIS:7ストップ
Aiプロセッサー(同じソニー製ZV-E1プロセッサーを搭載)
4k120 (1.19クロップ)
ボディは新しいデザインになる予定です。左側にevfがあるのは変わらないが、前面のシャッターボタンの下にスクロールホイールが付く。グリップは再設計され、より人間工学的になります。ボディは約3mm深くなり、4mm高くなる。
発表日は7月上旬。
私はまだこれらのスペックが正しいかどうか100%確信していません。この記事を読んだ後、信頼できるソースが私にフィードバックをくれることを願っています。しかし、私にとっては、これらのスペックは非常に合理的に聞こえるし、これらが正しいかもしれない理由を私の最新のビデオで説明します:

FX30と同じセンサーを搭載した新ボディのAPS-C機種

信憑性が高い情報かは分からないため、あくまで噂ですが、FX30と同じセンサーを搭載しているとの情報です。

新型APS-Cセンサーを搭載したFX30が昨年10月に発売されており、ZV-E10やα6600に搭載されているセンサーが若干古いことを考慮すると、新型α6700にFX30と同じセンサーが搭載されることは妥当だと個人的には思います。

FX30との違いはボディ(EVF追加含む)とAiプロセッサ追加がメインでしょうか

FX30はシネマ機種であり、排熱用のファンがついていることもあり、若干重く大きい(それでもシネマ機種においてはかなりコンパクト)ですが、α6700はよりコンパクトさを重視した設計になることが予想されます。

Aiプロセッサについては最近発売された機種であるα7RV、ZV-E1にも搭載されていることから、α6700にも搭載される可能性は非常に高いと感じます。

Aiを用いた機能としては、α7RVではAF性能向上、ZV-E1ではそれに加えてオートフレーミング機能なども追加されており、ソニーもAiを活用した機能が増えてきていますが、α6700で新たに搭載されるAi機能はあるのか気になりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次