ソニー新型α6700は新メニュー、新ZV1IIと同じタッチスクリーンとAI機能を搭載しているとの噂。サイズはα7Cと同等か?

SonyAlphaRumorsが今後ソニーから発表されると思われる新型APS-C機種であるα6700について、新しい噂を投稿しています。

RUMOR: Sony A6700 has new menu, same touchscreen and AI feature as the new ZV1II. Will it also have A7c style body?

目次

記事内容(引用および翻訳)

下記は記事の内容を引用および翻訳したものです。

2つの新しい情報源から、さらにいくつかの情報を得た:

ソース1:
7月12日に新キットレンズと新70-200 Gを搭載したA6700発表。
新しいメニュー、新しいzv1mkiiと同じタッチスクリーンとAI機能

ソース2:
a6700″のセンサーはDRAMを搭載していない。

そして、読者の方から、私が見落としていたことに気づかせていただきました:
A6700の噂されるサイズは、A7Cのボディの寸法と一致することを指摘するために、ちょうど1つの簡単なものです。高さ4mm、奥行き3mm(グリップの出っ張りは含まず)。既存のA7Cのボディと全く同じサイズです。

下記は記事内のビデオです。

ビデオの内容を要約すると下記になります。

・7月12日に発表されると噂の新型α6700に関する追加情報を得た。
・70-200mmのマクロレンズも同時に発表されるだろう

■仕様
・FX30と同じ2600万画素
・最近発売されたZV-1IIと同じAI機能およびタッチスクリーンを搭載
・ボディサイズがα6600比で高さが4mmほど大きくなる。つまり、α7Cと同等サイズか?
・高さだけでなくグリップも少し深くなっている
・シャッターボタンの下にはスクロールホイールがついている
・つまり、α7Cにα7RVのグリップとスクロールホイールがついているようなカメラになるか?

詳細な情報が入り次第新しいビデオを作成します。

α6700はα7Cとほぼ同じ大きさになり、最新機能搭載の最強APS-C機になるか?

ボディサイズはα7C同等か

新型α6700はα7Cと同等のサイズ感になりそうです。(画像は記事内の情報からのイメージ図)

以前からの噂でα6600より少し大きくなるとの情報がありましたが、今回新たな情報で高さが4mm程度大きくなるとのことです。

α6600の高さが66.9mm、α7Cの高さは71.1mmでちょうど約4mmの差分があるため、α6700もα7Cと同等サイズになりそうという推測がされています。

サイズが若干大きくなってしまうのはデメリットにも思えますが、手が大きめの人やカメラをしっかりホールドしたい方にとっては、α6600のグリップは小さめで使いづらいこともあります。

今回の噂ではグリップも若干深くなるという情報がありますので、逆にメリットになり得る部分ではないでしょうか。

新メニュー搭載(恐らく現行機種と同じ。α6600からは変更)

また、新しいメニューが搭載とのことですが、これはα7SIII以降に搭載されている、つまり現行機種と同じメニューということだと思われます。α6600が一世代前のメニュー構成ですからね。

古いメニューの機種はボタンを押したときの反応が現行機種と比較するとワンテンポ遅いです。

またメニュー構成が壊滅的に悪いため、設定した項目をなかなか見つけられず、あっちにこっちに移動することになり結構イライラします。(α7III所持の筆者の感想)

この辺りが改善されるのは、撮影時のストレスが減り非常に助かりますね。

タッチスクリーン、AI搭載

最近発表されたZV-1IIと同じタッチスクリーンおよびAI搭載とのことですが、このあたりは驚きの内容ではないですね。(ZV-1IIにはAIは非搭載のはずなので、恐らく「ZV-E1」のことではないかと思いますが…)

AI搭載ということで、α7RVでAFが改善されましたが、それに加えて先日発売されたZV-E1で搭載されたオートフレーミングなども搭載しているのでしょうか?

α6700のその他の仕様(噂)は下記記事でも紹介しています。

センサーにDRAMを搭載していない?

DRAMはいわゆるメモリのことです。

イメージセンサから高速に読みだされた信号を一旦DRAMに保存して後段処理を行うようにすることで、本来のイメージセンサの能力を発揮することが出来ます。(高速に読み出しすることが出来る)

高速に読み出しすることが出来ると、電車など動きの速い被写体を撮影するときに発生する歪み(ローリングシャッター歪)を低減することが出来ます。

今回、DRAMを搭載していないとの情報がありますが、FX30と同じセンサーを搭載しており、FX30のローリングシャッター性能はα6600と比較して約2.5倍(※)改善しているため、筆者としては特に問題ないかと思っています。

※ローリングシャッター性能はα6600が40ms(4K24p時)、FX30(α6700想定)が16ms(4K60p時)。数字が小さいほど性能が良い。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次